NPO法人G-netが運営する、学生生活をもっとオモシロくするWEBマガジン

巷で噂の流行モン。気になるけど今さら聞けない、だけどやっぱり聞きたいそこんとこ!そんな気になるテーマに迫ります。

榊原 由己

【ゆーみん的就活】就活は恋愛。数打ったって当たんない【前編】

榊原 由己

2014-07-07

LINEで送る

【自己紹介】

愛知学院大学文学部日本文化学科4年・榊原由己です。

専門は日本語学ですが民俗学、宗教、文学など幅広くやっています。

出身は、愛知県知多郡東浦町。名古屋まで30分!想像するほどド田舎じゃないんですよ(笑)。

趣味は音楽全般(和太鼓からバンド、吹奏楽までいろいろ)と美味しいごはんを食べること。

地元の小さいスーパーと、内定先のウェブ制作会社でアルバイトしています。

そんな私のした「就活」についてお話します。

 

 

 

1.「大手就活ナビサイトを使わない」就活

ただのひねくれ者だから。ではありません(笑)。

名古屋市の場合、サイトに掲載されている会社は8000社程度なのに対して、

実際の会社数は30万社もあるそうです。

でも就活生はサイトに載っているところしかほぼ見ないだろうから、

必然的に掲載された会社に集中するのでは…?

そんな狭き門で戦うより自力で私の理想の会社を探した方が楽しいはずだ!と思ったからです。

 

2.「説明会は、数打ちゃ当たる戦法より数社をじっくり」派

学校の合同企業説明会などに行ってみるものの、全体に向けた説明ばかりで、可もなく不可もなく…

どれも同じように感じました。

もっと、ホントのところを聞きたい!と参加したのが、G-netの逆指名型求人フェアと、

シゴトリップ【複数企業型取材訪問】です。

DSC04359_小

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中小企業の社長や人事の方と一対一、または少人数でお話をすることが出来たので、

間近で会社の色やビジョンを聞くことができ、自分に合っているかどうかを考えることが出来ました。

特にシゴトリップでは、プチ業務体験をさせていただいたり、社員の方に直接質問させていただいたりと、

より働いた時のイメージを具体的にすることができました。

 

3.「どんな人になりたいか」を考える

就活サイトも使わない。説明会にも少ししか行かない。では何をしたか。

「自分がどんな生活をしたいか」「私のやりたいこと・できることはなんだろう」と

将来の生活について妄想しました。

妄想はタダなので「自分にはこのスキルがないから~」とか「家族が~」とか現実問題はひとまず置いておき、

理想の生活をなるべく具体的に考えました。その理想に近づくために、努力していけばよいわけで。

最終的には、「家族と自分を守りたい・大切にしたい」「そのために能力を身に付けたい」

「地域を活性化させたい」にまとまりました。

 

(後編に続く)

 

編集部より♪

ゆーみん、みりんくんなど、就活の先輩の体験談も聞ける!

★ハッピーにはたらく!8のつく日の就活セミナー開催中★

7月のテーマ/「あなたにとっての〝価値アリ〟インターン選び」

7月18日(金)、7月28日(月) 19時~@G-net事務所にて

詳細はこちらから!

 

ホンキ系ガクセイは NPO法人 G-net が運営しています。

一覧へ戻る

このライターの記事をもっと読む

  • コラム
  • 私を変えた○○
  • 等身大のREAL
  • オトナビ
  • それってぶっちゃけどーなの??
  • ホンキ系な人々

footers

このページの先頭へ

ホンキ系インターンシップ