NPO法人G-netが運営する、学生生活をもっとオモシロくするWEBマガジン

巷で噂の流行モン。気になるけど今さら聞けない、だけどやっぱり聞きたいそこんとこ!そんな気になるテーマに迫ります。

G-netタナカ

インターンと学業、それに部活・サークル、バイト等の両立はできるの?

G-netタナカ

2015-05-28

LINEで送る

やれるなら、全部やればいい。

やれないなら、どれをやりたいか考える。

①いま、自分が勉強、部活・サークル、バイトなどにどれほどの時間を取られているか、考えてみる。
②やれない理由より、どうすればやれるか考えてみる。
③自分のやりたいこと、やるべきことを優先する。

きっと、できるかどうか見えてきます。
インターンしながらも、学業はもちろん、バイトしたり、部活・サークルを続ける人はいます。
では、どのように両立したか?
体験談を交えてご紹介します。

2015.05.28 日東製陶所 大島さん1

 

 

 

 

 

 

 

三重大学 大島理絵ちゃん(インターン時2年生)

▼インターン先:株式会社日東製陶所
▼プロジェクト内容:目指せ!「タイルでこんなものも作れるんだ!」と驚く雑貨作り
新商品開発&PRで「スワンタイル」の知名度UPを狙え!
--------------------
「商品企画をしてみたい!」「なになに⁈タイルってこんなのあるの?面白い!」と日東製陶所に興味を持った彼女。ただ、不安があった。それは、『勉強はちゃんとしたい。でもサークルもちゃんとやりたい。でも、、できるのかな??』ということ。学生委員会やサークルに所属し、中心になって引っ張っていってくれないかと声がかかっていた。それでもインターンをする決意をしたのは『どうしてもやりたい思い』があったから。
委員会やサークル、周りの友達に「インターンをどうしてもしたい。けど、活動も続けたい。」きちんと自分の思いを伝えたことで、大変なときは助けてくれたし、応援してくれた。
インターン中での、商品企画は悩んで立ち止まってしまうことも、仕事が進まず焦ることもあった。ひとりで抱え込んで、何も進まなかった。そこから、最終的に商品企画・販売まで行くことができたのは、周りのサポートがあったからだと振り返る。
社内の人、インターン同期、G-net職員、家族、友人…たくさんの人に助けられた。
彼女が一番に学んだのは、ひとりで仕事はできないということ。人と関わりあって仕事は進んでいくということだ。

新聞にも掲載された彼女の開発した新商品は、壁に飾るタイル!

2015.05.28 日東製陶所 大島さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社日東製陶所ホームページ
http://www.nittoseitosho.co.jp/

★ご紹介★製陶所さんの社員さんの優しさ溢れるブログ。
http://ameblo.jp/swantile/entry-12008489534.html

——————————————————————

大島さんのように、アナタも、一歩踏み出してみませんか?

約30名の経営者さんが集結するインターンシップフェアを開催いたします。フェア当日はその中から4社選んで企業ブースに行き、直接経営者と話ができます。インターン体験者も約30名が参加しますので、直接体験も聞けます。

■ホンキ系インターンシップフェア

日時:2015年6月21日(日)10:00-18:00
場所:名古屋駅から徒歩7分。グロービス経営大学院名古屋校

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
岐阜・愛知・三重でインターンするなら!
半年間の超実践型! 「ホンキ系インターンシップ」
6週間の挑戦!短期集中×地域密着型 「地域協働型インターンシップ」
気になったら、まずは気軽に問い合わせを
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

一覧へ戻る

このライターの記事をもっと読む

Page 1 of 212»
  • コラム
  • 私を変えた○○
  • 等身大のREAL
  • オトナビ
  • それってぶっちゃけどーなの??
  • ホンキ系な人々

footers

このページの先頭へ

ホンキ系インターンシップ